企画展

企画展

2022年10月15日(土) 〜 2022年11月23日(水)

響 長谷川耕史 書くというプレゼント

全室

2022年10月15日(土)~11月23日(水・祝)10時~18時30分(最終入館18時15分)期間中、休館日なし

入場無料

主催   公益財団法人品川文化振興事業団・品川区

概要

品川区出身で現在も品川区をベースに活動している書家、長谷川耕史。古典作品だけではなく、他分野とのコラボレーションを積極的に行い、書の世界を広める若き書道家の今の姿を紹介。

見どころと主な出品作品

長谷川耕史 新作
コラボレーション作品 お酒ラベル「作」、力士(輝関)化粧まわし
日本書鏡院初代 長谷川耕南の作品
長谷川耕史使用の道具類(硯、墨、筆など)

作家略歴

1971(昭和46)年品川に生まれる。品川区立伊藤中学校出身。
日本書鏡院(1933(昭和8)年創業)三代目会長。
育美書道教室主宰。

皇宮警察学校、衆議院書こう会、リバティヒルクラブ書道講師。
神戸大学、立正大学非常勤講師。
先師長谷川耕南の伝承人として邁進している。

防衛装備庁、奄美警備隊、憲法改正推進本部、中央政治大学院の看板を揮毫。
NHK.BSプレミア時代劇「鳴門秘帖」、映画「くらやみ祭の小川さん」、「文祿三年三月八日」のタイトルを揮毫。

豫洲短板産業より輝関へ寄贈の化粧まわし[義]を揮毫。
清水清三郎商店(三重)の日本酒NEW「作」、NEW「鈴鹿川」のラベルを揮毫と幅広く手がけている。

PAGE TOP