TOP > 公演情報一覧 > 学術・医療健康講演会「がん医療のいま」

学術・医療健康講演会「がん医療のいま」

6月30日(日) 開場13:00 開演14:00
入場無料(事前申込制※先着順)
---------------
6月3日(月) 事前申込開始!

がん医療の「いま」について、最前線でご活躍のお三方に
ご登壇いただく大変貴重な講演です。


【登壇者】
 中川 恵一 准教授(東京大学附属病院)
 明石 定子 准教授(昭和大学病院)
 武見 敬三 氏(元厚生労働副大臣)


※手話通訳あり

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

【申込方法】
6月3日(月)よりメールかFAXでの受付となります。


上條講堂MAP(中)
メール:sculture@shinagawa-culture.or.jp 
F A X :03-5479-4160


以下の内容を記載の上、お申込み下さい。

件名:がん医療参加申込み(氏名)  
   ※メールの件名に氏名を入れてください
本文:氏名、性別、年代、住所、電話番号

△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲

※申込後の返信はいたしません。
※当日は、送信した申込書を印刷しご持参ください。
※定員を超えた場合のみ、こちらからご連絡いたします。

※駐車場はありません。公共の交通機関でお越しください。

東急池上線・大井町線 旗の台駅 東口より徒歩5分




【お問い合わせ】(公財)品川文化振興事業団 文化振興課 文化振興係 03-5479-4112(平日9:00〜17:00)

                            
出演者紹介
出演者
中川 恵一 准教授(東京大学附属病院)

東京大学医学部附属病院
放射線科准教授/放射線治療部門長 

東京大学医学部医学科卒業後、1985年東京大学医学部放射線医学教室入局。
スイス Paul Sherrer Institute へ客員研究員として留学。
社会保険中央総合病院放射線科、東京大学医学部放射線医学教室助手、
専任講師を経て、現在、東京大学医学部放射線医学教室准教授。
2003年〜2013年まで東京大学医学部附属病院緩和ケア診療部長(兼任)


厚生労働省「「がん検診企業アクション」アドバイザリーボード議長、同「職域におけるがん検診に関する
ワーキンググループ」構成員、文部科学省「がん教育」の在り方に関する検討会協力者、
東京都がん教育推進協議会委員、日本放射線腫瘍学会理事。

<著作>
「がんのひみつ」、「死を忘れた日本人」、「放射線医が語る 被ばくと発がんの真実」、
「専門書が伝えない がんと患者の物語」他 多数。日本経済新聞 コラム「がん社会を診る」連載中。



出演者
明石 定子 准教授(昭和大学病院)

昭和大学病院
乳腺外科准教授

1990年 東京大学医学部医学科卒業、東京大学医学部付属病院第3外科入局
1992年 国立がんセンター中央病院 外科レジデント
1995年 国立がんセンター中央病院 乳腺外科がん専門修練医
1996年  国立がんセンター中央病院勤務 乳腺科医員
1999年4月28日 医学博士取得(東京大学医学系大学院)
2008年 同16A病棟医長  東京大学医学部非常勤講師(兼任)
2011年10月より 昭和大学医学部外科学講座乳腺外科学部門准教授 

<テレビ出演>
プロフェッショナル仕事の流儀(NHK),世界一受けたい授業(日本テレビ),
ワールドビジネスサテライト(テレビ東京)他、多数



出演者
武見 敬三 氏(元厚生労働副大臣)

元厚生労働副大臣

1974年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
1976年 同大学法学研究科修士課程修了
1980年 東海大学政治経済学部政治学科助手、87年助教授、95年教授就任
1984年〜1987年 テレビ朝日CNNデイウォッチ、モーニングショーのキャスターを務める。
2001年 厚生労働副大臣

国連事務総長の下で国連制度改革委員会委員、同じく母子保健改善の為の委員会委員、
世界保健機関(WHO)研究開発資金専門家委員会委員を務める。
2007年〜2009年までハーバード大学公衆衛生大学研究員、
現在、日本国際交流センターシニア・フェロー、長崎大学及び慶應義塾大学医学部にて客員教授を務める。