TOP > 公演一覧 > 過去の公演 > 
2014年の公演レポート
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年
2009年 2008年 2007年
石田泰尚の華麗なる世界 2月23日   ---------------
カリスマヴァイオリニスト石田泰尚のひらつかホール待望の初コンサートを行いました。
今回はピアノに中島剛を迎えてお送りしました。

石田泰尚独特の繊細かつ力強い演奏はとても魅力的で、ピアノとの息もぴったり合っており、満員の観衆を魅了しました。

アンコールも3曲と大満足なコンサートとなり、あっという間の2時間でした。
スクエア荏原寄席 若手花形演芸会〜春〜 3月14日   ---------------

 出演者

 演目

 春風亭一之輔  鈴ケ森 
 桂宮治  お見立て
 林家二楽   紙切り
 三遊亭ふう丈  桃太郎
開口一番、ふう丈さんの『桃太郎』は、現代っ子の現代風解釈がなんとも愉快でした。

続いて宮治さんの地元の話に会場内は大笑い。 ポンポンとすごいスピード感で、観客の心をわしづかみでした。

中入り後の、二楽さんの紙切りは、お客様からお題をいただいて、リズムをとりながらあっという間に 出来上がり。『お花見』『おみこし』などなど。作品をプレゼントされたお客様は、大喜びでした。

トリの一之輔さんは、味わい深い語り口で、品川にゆかりの演目『鈴ケ森』の        いろいろな場面が次々と、手に取るように浮かび、引き込まれて行きました。

4人のそれぞれの芸を十分に楽しめた2時間でした。
銀河響想曲 Galaxy Harmony〜音と映像によるコラボレーション〜 5月24日   ---------------
能楽囃子大倉流大鼓 重要無形文化財総合認定保持者の大倉正之助による
「三番三」で公演の幕が開けました。

銀河響想曲として本公演のために作られた曲目は「天上の章」「地上の章」
「銀河の章」の三章によって構成されていました。

シンセサイザーに金大偉、ヴァイオリンに早稲田桜子、映像に山崎大地を迎え、
壮大な宇宙の調べを表現しました。

演奏と映像が合わさり、神秘的・幻想的な雰囲気を満員のお客様は満喫していました。

異種のコラボレーションによる演奏は宇宙を感じさせるひと時となりました。
スクエア荏原寄席 初夏を彩る若手花形落語会 6月20日   ---------------

 

 出演者

演目 

 柳家小かじ

 たらちね

 柳家三之助    棒鱈
 柳家そのじ    俗曲
 柳家三三   粗忽の釘

若手柳家一門による落語会
品川区在住の三之助が巧みな話術で会場を沸かせ,
三味線と唄で華を添えるそのじ
実力派の三三が軽妙な語り口で古典落語の粋を伝える
次世代を担う三者の魅力が詰まった落語会でした。

Super Classic in Shinagawa 7月5日   ---------------
ピアノ、クラリネット、ホルンのスペシャルな編成の四重奏でした。
ピアノの弾けるようなエネルギッシュな音、クラリネットの透明感溢れる音と、ホルンの柔らかく暖かい音のハーモニーの美しさに魅了されました。
「ホルンは、昔ヨーロッパで狩猟の時に持っていくために、肩にかけられる形になり、その音は、森の中では5マイル四方まで聞こえた」という司会者の説明を聞いて、広大な森の中で響きわたる、ホルンの音色を想像することができました。
特にホルンの魅力を十分に味わえたコンサートでした。

品川区民芸術祭2014 江戸の里神楽鑑賞会 11月15日   ---------------
演目は舞を中心とした「八幡山黒尉」と、能や歌舞伎でも上演されている
「紅葉狩」。解説も付き、誰もが楽しめる舞台となりました。

美しい装束や舞、情景や登場人物の心情を表す囃子の音色に、お客様からも
「日本の伝統芸能のすばらしさ、大切さを改めて感じた」というお声をいた
だきました。

広く区民の皆様に鑑賞していただくために入場無料・入退場自由で開催、
小さなお子様連れのご家族もみえ、多くの方に伝統芸能に触れていただける
良い機会となりました。難しいのでは?と思われていた神楽が、少し親しみや
すいものになったのではないでしょうか。

この日スクエア荏原では、同じく芸術祭イベントの「品川区民作品展」「しな
がわアーティスト3人展」も開催、そちらの会場から里神楽を観に来られ、
「思いがけず良いものに出会えた」という方や、鑑賞後に展示を観に行かれる
など、同時に楽しんでいただける一日となりました。
N響メンバーによる弦楽四重奏シリーズ〜クラシック&映画音楽そしてドラゴンクエストまで〜 11月29日   ---------------
昨年に引き続き、N響メンバーによる弦楽四重奏シリーズ。
今回は、第1部、斎藤真知亜さんの軽快なトークと、喜遊曲で始まりました。
18世紀、貴族の食卓などで演奏された明るく、楽しい雰囲気の曲で、こんな曲を聴きながらの食事は、さぞや素敵な時間であっただろうと思いました。
第2部は、懐かしい映画の、いろいろな場面を想いだしました。
ドラゴンクエストメドレーは、ゲーム音楽という枠を超えて、クラシックのエッセンスがたくさん盛り込まれている美しい曲の連続でした。
曲目解説を交えて、いろんなジャンルの曲を聴くことができ、魅力的な演奏会でした。
かぼちゃの馬車音楽隊 うたとがっきのファミリーコンサート クリスマスソングで世界旅行! 12月14日   ---------------

今回のコンセプトは「世界旅行!」ということで、パスポートに見たてたプログラムをご用意しました。
歌と手遊びで荷造りをしたら、パスポートを首に下げ、飛行機に乗って世界旅行に出発です!
ドイツ、フランス、イギリス...世界を旅しながら、各国のクリスマスソングを聴いていただきました。
その他にもCDが当たるプレゼントタイムなどもあり、盛りだくさんの内容でお届けできたかと思います。

会場にはサンタの帽子を被ったお子様の姿もチラホラ。
クリスマスムードいっぱいの楽しいコンサートになりました!